ウソ電800(エイトオーオー)

ウソつきのための"ウソ電"のサイト
  1. トップ
  2. ギャラリー
  3. JR西日本

JR西日本

JR西日本が保有する車両のウソ電です。

関西圏のほか、北陸・山陽・山陰と、広いエリアに路線網を持つ会社。

京阪神地区のパターンダイヤや「新快速」などが特徴。

現状、103系3550番台・205系0番台/1000番台・287系などのウソ電を掲載しております。

目次

103系3550番台
205系
287系
683系
キハ122系

103系3550番台

大船工場入換車カラー(色褪せ版)

大船工場入換車カラー(色褪せ版)
大船工場入換車カラー(通常版)
中央・総武線(東西線直通)カラー
湘南色
横須賀色
和歌山地域色
227系カラー
(加工前)

JR大船工場で使われていた103系改造の入換車のカラーです。黄色ベースの特徴的なデザイン。

末期に見られた色褪せた状態を表現したかったのですが、ちょっと過剰にやりすぎた感は否めません。

大船工場入換車カラーのうち、色褪せ表現なしのバージョン。

中央・総武線⇔地下鉄東西線の直通に使われていた301系などと同じデザイン。

103系3550番台の顔つきは301系のそれによく似ているため、この塗装もかなりしっくりきます。

湘南色に塗ってみたものです。

先頭車化改造を受けた113系にも、このような顔つきのグループがいましたね。

こちらは横須賀色バージョン。

JR西日本単色シリーズのうち、和歌山地区で使われる青緑色です。

あちらでも元103系の2両編成が活躍していたこともあり、なかなか似合います。

広島地区で運用されている227系ふうのカラー。

現代的な赤い帯が特徴的。

加工前の元写真です。

加古川線用に改造された2両編成の103系です。加古川線電化時に用意されたもの。

ワンマン対応の2両編成で、どちらの車両も中間車を先頭車化したもの。103系の中ではこのグループだけに見られる顔つきです。

素材をダウンロード

205系

阪和線 新デザイン (グラデーション)

阪和線 新デザイン (グラデーション)
黄色 (広島地区)
(加工前・0番台)
奈良区ウグイス&スカイブルー 大阪環状線42A+51A運用
京葉線
総武線
(加工前・1000番台)

阪和線の223・225系で使われている、青と白のグラデーションを使った新しいデザインを205系に適用してみたものです。

JR西日本の地域別単色シリーズのうち、広島地区用の黄色です。

過去に運用されていた103系の置き換え…的な。

加工前の元写真です。

過去に奈良区の103系で存在した、4連+4連の8両編成で大阪環状線に直通する区間快速運用を、205系で再現したものです。

当時は僅かに存在したスカイブルー編成が組み合わされた場合にファンがよく盛り上がっており、その風景を踏襲して作りました。

京葉線のワインレッド帯です。

中央・総武線各駅停車のカナリア帯です。

加工前の元写真です。

国鉄時代に作られたステンレス製通勤電車。

JR西日本ではJR化後に製造した独自設計の1000番台も存在。

素材をダウンロード (0番台) 素材をダウンロード (1000番台)

287系

北近畿色

北近畿色
くろしお色
オーシャンアロー(283系)色
南海色
阪急色
E257系500番台色
(加工前)

かつて大阪・京都発着の北近畿方面行き特急用183系で汎用的に使われていたカラーです。

合言葉は「ビッグXネットワーク」。特急「北近畿」「きのさき」「文殊」などで運用されていました。

紀勢線特急「くろしお」用381系で使われていたカラーです。

さわやかな色使いが素敵でした。

オーシャンアロー→くろしお用283系で使われていたカラーです。

381系に通じる配色で、かつ優雅な雰囲気をもっていてとても好きなデザインです。

南海電鉄のカラーです。特急「サザン」用10000系のデザインを基にしています。

かつて南海線から国鉄紀勢線に直通していた「きのくに」号が、特急として今も存続していたら…というネタです。

阪急電鉄特有のマルーン色です。

JR東日本の房総各線で使われている、E257系500番台のデザインです。

287系もE257系500番台も、ともに鋭い目つきが特徴的です。

加工前の元写真です。

JR西日本の直流特急型車両。北近畿方面および和歌山方面の特急で広く活躍しています。

681系から今まで続く、白基調でシンプルなJR西特急のデザインを継承しています。

素材をダウンロード

683系

上沼垂色

上沼垂色
ほくほく線「スノーラビット」塗色案(Aタイプ)
ほくほく線「スノーラビット」塗色案(Bタイプ)
(加工前)

JR東日本上沼垂(かみぬったり)区の485系で使われていたカラーです。

「白鳥」をはじめ、日本海縦貫線の様々な特急で使われました。

北越急行681系が新製される際に起こされた検討サンプルのうち、Aタイプを再現したものです。

北越急行681系が新製される際に起こされた検討サンプルのうち、Bタイプを再現したものです。

加工前の元写真です。

JR西日本の交直両用特急電車です。

北陸本線で運用されているほか、一部の車両は直流専用に改造された上で「289系」として関西近郊他線に転用されています。

素体にしたのは元・北越急行車の8000番台。

素材をダウンロード

キハ122系

キハ122系100番台

キハ122系100番台
キハ122系100番台 (制作中)
(加工前)

前面を225系100番台・5100番台と同じものに変更してみました。

キハ122系のマイナーチェンジ版という設定で、225系同様に100番台を名乗ります。

「キハ122系100番台」制作中の様子。

加工前の元写真です。

姫新線高速化に合わせて製造された、高性能なステンレス製気動車です。片運転台バージョンのキハ127系も存在。

223系2000番台によく似た前面が特徴的です。

同じ仕様の気動車は、ET122系としてえちごトキめき鉄道にも導入されています。

ギャラリートップへ戻る
トップへ戻る